税務トラブルに繋がらないのは副業の申告ルールを把握しているからこそ

ネットが身近になった現代だからこそ副業を始めるハードルは低くなりますひたが、同時に本業以外からの収入を得ることになるため確定申告を必要とするケースも出てきます。
収入が増えるのは嬉しいものの、半面で大きくなるのが納めるべき金額です。だからこそ副業を行うのであれば所得税にも意識を向けること、ささやかな報酬ならば不要でも、確定申告をした方が良いこともあります。

曖昧ではなく自分で稼いだ金額と照らし合わせ、納めるべき税金は確定申告をして納めますが、怠ると待っているのは延滞税です。
しかし本業を行う上での確定申告に関わるルール、及び所得の内訳など把握しておけば、税務トラブルに陥るようなことにはなりません。

多くの人が始めている副業とはどのようなものかと言えば、会社員なら雇用をされる企業以外からの、副収入のために労働を提供してお金を得る方法です。
そのため副業をしているということは、1ヵ所ではなく2ヵ所以上からの何かしらの収入を得ることになります。

年々数値が高まっているのは副業者比率、実際に就業構造基本調査においても数字が下がっていく気配はありません。
まだ行動には移してはいないものの、本業を継続しながら副業にも関心を持つ、追加就業希望者比率も軒並み上々です。

なぜこうした傾向が年々上昇しているかと言えば、金銭的目的が断トツのトップであり、お小遣い稼ぎのために、あるいは生活費にもう少し余裕を持ちたいなどといった理由が多くを占めます。
中には副業を通して生きがいを見つけたいとか、キャリアアップやスキルアップといった、自己成長のために始めることもありますが、金銭面を理由にする事が最も多いです。

何を選ぶかの選択肢も多いのも現代の副業事情、コンビニや飲食店での定番のアルバイトをはじめ家で出来る内職や、スマホでもできるフリマアプリでの販売、株式投資など副業探しに困ることはありません。
副業の選択は自由ではありますが、収入を本業以外から得ることになりますので、一定金額を超えるようならば翌年には、本人による確定申告が必要になることがあります。

ネットでの副業でアンケートに回答をするといった方法などは、とても簡単ですが年間報酬も少ないです。
年間で1万円いかないことなどはざらですが、わずかな金額ならば副業といっても特に申告をする事はありません。
ですがある程度の金額を稼いでいるとなると、年間計算した際に確定申告が必要になることがあるので、その点だけは気を付けて始めるべきなのも副業です。

タイトルとURLをコピーしました